主婦のキャシングについて

主婦がキャシングする場合、注意したいこと

 

主婦キャシングで注意すべきことは、まず、借入可能金額がある程度制限されるということです。
どのくらいの借入限度額になるかは、その人の現在の借入総額や旦那さんの職業、年収などによっても異なります
あるいはそれぞれのカードローン会社の方針によっても異なるでしょう。
ただ、とりあえずの目安としては10万円から数十万円程度になることが多いです。
ご自身に収入がない、パート・アルバイトをしていないという方の場合は、大体このレベルです。

 

自分でパート・アルバイトをしていると、もっと増える

 

完全な専業主婦ではなく、アルバイト・パートをしているという女性の場合はもっと借入限度額も増えます。
貸金業法の総量規制のルールによって、年収の3分の1までは借りられる、という設定になっているので、パートの主婦の方で、も、その年収の3分の1までは借りられる…というのが基本なのです。
ただ、パートということでサラリーマンよりは審査が厳しくなるので、必ずしも3分の1ではなく、5分の1などになるかも知れませんが…。
何はともあれ、働いていて、自分の収入があるという方の場合は、もっと審査の申込みも有利になります。

 

旦那さんにバレずに借りることは可能?

 

主婦キャシング

「夫にバレないように借りたい!」という主婦キャシングの利用者の方は多いですが、
これはもちろん可能です。バレてもいいという方はまずいないと思うので、大抵の方は知られないように借りたいでしょう。
その辺のニーズは貸金業者も当然汲み取っているので、アコムでもプロミスでも大手のカードローン会社ならどこでも、家族にバレないように審査など一連の手続きをすべて終わらせてくれます。確認電話や郵送なども基本ありません

 

女性向けローンを利用した方が有利?

 

たとえばプロミスレディースなどの、いわゆる女性向けローンというものがあります。
これらは、女性専用ダイヤルを設けているので、心理的抵抗が少ないというのは確かです。
消費者金融などの利用が初めてで緊張するという方に特におすすめです。
実質年率や借入可能金額など、スペックの面で差があるわけでは、特にありません。
(あまり差をつけると、男性も奥さんや恋人の名義で、こちらに流れてくる可能性があるからです)

 

遅延すると督促電話などが来るので注意

キャシング督促の電話

 

いくら家族にバレないように借りるといっても、さすがに長い期間遅延したりすれば、督促電話がかかってきたり、あるいは郵便物が送られてきたりします
よほど長期間の遅延でなければ大抵大丈夫ですが、どのみち遅延損害金は発生するので、当然と言えば当然ですが、できるだけ遅延はしないようにしましょう。