信用情報はキャシングの審査に影響する

信用情報というのは、その人の過去の消費者金融やクレジットカードなどの利用履歴で、遅延や強制解約などがあったかどうか、という記録です。
要するに、その人の返済能力が「どれだけ信頼できるか」という情報です。
これは信用情報機関という組織で保管されていて、キャシングの審査の時にも、該当の組織から信用情報をチェックして、その人に融資するかどうかをカードローン会社が決めます。キャシング審査についてはこちら

どのような返済事故があると、落ちるのか

これは一概に言えませんが、やはり遅延を繰り返しているとかなり審査で不利になります。
また、同じ回数の遅延や日数でも、その金額によっても変わります。
少額の遅延だったら貸金業者へのダメージも大したことはないのでいいですが、高い金額で遅延を繰り返していた場合、そうとう金融業者への負担もかけているということで、危険視されます。

クレジットカードの信用情報機関とは別なのか?

これは基本的に別と言われています。
ただ、クレジットカードで強制解約などかなり悪質な事件を起こしていた場合には、カードローンの審査でも不利になる可能性がゼロではありません
このあたりはどこまで情報が共有されているのか、一般人ではわからない部分もあります。
実際、クレジットカードで強制解約になるような方の場合、本人のためにもカードローンはあまり審査に通さない、あるいは借入限度額を押さえるなどのことをしておいた方がいいはずなので、影響がゼロとは言い切れない、と思います。

信用情報は自分で閲覧することができるか?

これは可能です。
郵送、来店、電話、ネットなど多様な方法で申し込みできますが、管轄の組織によって使える方法と使えない方法があるので、詳しくはそれぞれの組織を見ていただく必要があります。公式サイトで確認するのがいいでしょう。

 

JICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)

割賦販売法・貸金業法(クレジット・ローン)における指定信用情報機関

 

信用を上げるためにできることは?

 

信用をあげるポイント

審査に受かった会社で、ひたすら返済実績を積み重ねる

 

クレジット会社やカードローン会社との信頼関係の積み重ねというのは、実際のお仕事ともよく似ています。
世間一般からは信用を得ていない方であっても、特定のクライアントさんから信頼されていれば、それで十分なわけです。
仮に過去の返済履歴に問題があったとしても、どこかの貸金業者で通してもらえたなら、そこでひたすら実績を重ねるのがいいでしょう。
つまりコツコツ返済するということです。
そうしてその会社だけからは信頼してもらえたら、少なくともそこでは借入可能金額も増額してもらえますし、即日融資なども有利になります。