即日キャシングの審査で聞かれる内容

審査で聞かれる…というよりネットの申込みフォームに記入する内容ですが、これはごくごく基本的なものです。
たとえば

即日キャシングの審査

  • 収入
  • 職業
  • 他社も含めた借入総額
  • 今住んでいる家の居住年数
  • 持ち家か賃貸か
  • 今の仕事の勤続年数は…

というような項目です。
もっと簡単な項目のみでOKという簡単審査もありますが、大体このような項目が基本だと思っていただくといいでしょう。

 

審査に受かりやすい人の条件

これも一般的な常識と同じです。

  • 「収入が多い(年収が高い)」
  • 「安定した職業(公務員が最強)」
  • 「勤続年数が長い」「居住年数が長い」
  • 「借入総額がゼロ(あるいは少ない)」

…ということです。
特に重要なのはやはり「収入」「職業」「借入総額」でしょう。ほとんどこれだけで決まるといってもいいくらいです。
職業が不安定でも収入が莫大で借入金額が小さければ返せて当たり前、と考えられますし、職業が公務員であれば、現時点の収入が多少少なくても、それがずっと続くことがわかっていますし、最悪退職金で払ってもらうという手もあります。
また、借入総額があるほど危険で、ないほど安心というのは当然です。

 

すでに返済実績がある人は審査でも有利

すでにその会社や他社で借入をして、返済実績がある人は有利です。
特に大きい金額を借りて完済しているという方は有利になります。
カードローンの世界では、お金を借りない人よりも、借りて返す人の方が信頼されるのです。
借りない人は貸金業者や金融業界に何の利益ももたらしてくれませんが「借りて返す人」は、金利によって大きな利益をもたらしてくれますからね。当然歓迎されるわけです。

 

申込みしても落とされる人の条件

これは受かりやすい人の条件の逆です。

  • 収入が少ない
  • 職業が不安定
  • 勤続年数や居住年数が短い
  • 借入総額が多い

…ということです。勤続年数や居住年数についてはまだいいのですが、収入が少ない、借入総額が多いというのはかなりの危険信号なので、この場合は審査で落ちるかあるいは借入限度額を小さくされるということが多いです。
貸金業者としてはできるだけ貸したいと思っているので、最初は借入可能金額を小さくして様子見、という感じになるかと思います。

 

職場や自宅への電話確認はあるか?

これはありません。電話確認をされると職場や家族にバレるのでいやだという利用者の方が多いからです。
当然ですが、キャシング会社はそうした利用者のニーズに合わせるのが仕事なので、こうした在籍確認の電話はなしでも利用できるようになっていますただし、社員証の送付などがかわりに必要なことがあります)。