キャシングする前に知っておきたい基本知識

初めてキャシングしたい人にもわかりやすい基本情報

キャシングとは

キャシングとは簡単にいうと「お金を借りる」ことです。
クレジットカードのように「買い物をする」のではなく、あくまで「現金を引き出す」というやり方です。
(引き出すといっても貯金ではなく借金というのが、普通の銀行の引き出しとの違いです)
クレジットカードにはショッピング枠とキャシング枠があり、そのキャシング枠と使う方法。
あるいはクレジットカードではない消費者金融や銀行などの「キャシング専用のカード」を使う方法があります(これがいわゆるカードローンと呼ばれるものです)。
お金を借りる@初めての人へのアドバイス

キャシングの豆知識

専用ATM

豆知識としては、コンビニ・銀行で普通に使えるということです。

町中にアイフルとかアコムなどと大きく書かれた看板があるので、あれらの専用ATMを使わないと借りられない(返済出来ない)と思っている方が多いかも知れません。
しかし、実は銀行・コンビニで普通に使えるのです。この辺は普段自分が使っている銀行のキャッシュカードを使うのとまったく同じ要領です。

即日融資を受けるためのポイントを紹介

 

その日中にお金を借りたいという方は、やはり即日振込みができるカードローン会社を利用すべきでしょう。

即日キャシングポイント


といっても、今の金融業界では即日借入ができるということは完全に当たり前になっているので、これについてはモビットだろうとプロミスだろうと、どこで申し込んでも変わりません。
重要なポイント、間に合わせるための注意点としては「午前中に申込みをする」というのが一番でしょう。

即日借入する前に知っておくべきこと

キャシング申込みは早く

銀行が15時に閉まってしまう、ということはぜひ意識すべきです。

つまり、そこから逆算して早めに審査を申し込む(できれば午前中)ということが重要ですし、さらに言うなら、お金を手にした後、自分がする支払いや振込も、考える必要があります。
その日中に相手の銀行口座に振込しないといけない、という場合は、間に合わないことがあります。
そのような時間差を常に考慮するのが、急ぎでお金が必要な時に考えるべきこと、知っておくべきことの一つです。

金利を簡単にでも把握しておこう〜金利は大体1ヶ月10万円借りると1500円〜

キャシング金利の計算

これはあくまで大雑把な計算方法なのですが、実質年率18パーセントという一般的な金利で借りた場合、10万円が1ヶ月で、利息は1500円になります。
これが半分の5万円なら750円、1万円なら150円です。この段階ではかなり安いので、利子はほとんどゼロのようなものと考えていいでしょう。
しかし、これが30万、50万と膨らんでいくと大変なことになるので注意してください。

 

キャシング今すぐ借りるには?

即日キャシングについて

キャシング今すぐ借りたい!という方は多いでしょう。
大抵の場合、カードローンを利用する時というのは急ぎでお金が必要なので、このあたりの事情は貸金業者の方でもしっかり汲み取ってくれています。
大手のカードローン会社、銀行であればどこでもその日中に借りることができます。
収入や職業、現在の借入総額などの面で特に問題のない、常識の範囲内の方であれば問題なく融資を受けられるでしょう

即日キャシングの申込方法

申込みの方法は非常に簡単です。
WEBで収入、職業、勤続年数、現在の借入総額などの項目を記入して送信するだけです。
収入証明書が必要な時はそれも一緒に送信します(個人事業主、自営業、フリーランスの方などは必要になることが多いです。あるいは希望金額が多い時です)。
その他、運転免許証などの身分証明証も送付します。
これだけで、あとは電話確認や郵送も特になく、審査が完了します。

即日融資のメリット

やはりその日のうちにお金を借りられるというのは大きなメリットです。
どれだけ高収入の方でも、お給料をもらえる時というのは大抵決まっていますから、何かの理由で急にお金が必要になった時に対応する方法といったら、貯金を下ろせなければカードローンくらいになるでしょう。そのような時、即日借入は本当に便利です。

当日お金を借りるデメリット

即日振込みというシステムはいわば魔法の杖のようなものなので、ついつい癖になってしまいます。
つまり、一度でもこうやって簡単にお金を借りることができるのがわかると、体はそれに慣れきってしまうということです。
意志が弱い方がうよく借金地獄に陥ってしまうというのはそういうことなんですね。
これについてはしっかり意識して計画的に利用していれば問題ないのですが、一応そういうデメリットというか危険性がある、ということは認識しておいてください。

当日OKのカードローンを利用する時の注意点

当日融資がOKといっても、そこから先、あなたがどこかに支払いをしたり振込したりするという場合には、相手先が営業している必要があります。
それも、口座に振り込むという約束だった場合は、銀行が開いている15時よりも前にする必要があります。15時ギリギリだとシステムに反映されない可能性もあるので、14時半くらいまでにはしておくべきでしょう。
そういう時間差も考慮すると、やはり審査の申込みは、その日の午前中にはしておくべきです。